ロバート・キヨサキ ロバート・キヨサキと言う方を、きっと能力開発や自己啓発についてかんがえている人、勉強行う方 なら知っていると思います。ロバート・キヨサキは、「金持ち父さん」といった書籍のシリーズを出した作者で、日本を含め世界で2600万部も売れた本です。ロバート・キヨサキは、日系4世でアメリカのハワイで生まれた投資家兼実業家でもあるんです。ロバート・キヨサキが言いたかったこと、それはおかねもちになる為の教訓も含まれているのですね。貧乏な人ほど、欲しいものがあっても、それを購入するお金がないと呼んでいます。そしてお金もちの人は、どうやったらそれを購入できるのか、その為のお金をどんな感じで作れるのか考えます。この時点でも2つの違いがわかるでしょうか。 お金がないのならいってしまえばそれで脳は働きません。だから成功しない、お金持ちになれないになるはずです。そうではないなんです。お金持ちと言う物は、お金のために働くのではないということ。そしておかねの流れをどう読めばいいのか、自分でビジネスを成功させる方法、お金を作る方法、お金の為に働くのでは無くて人生経験のために働くと言った考え方、このようなことについて触れているでしょう。 ロバート・キヨサキの考え方では、中流以下の人は、お金のために働いており、お金もちは、ご自身の人生のためにお金を働かせる形であるという事をいっているだと言えると思います。お金に対する考え方をかえるだけでも成功への道が近付きますー